セブ島でショッピングをするならココ!おすすめのスポットをご紹介!

セブ島は、フィリピンを代表するリゾート地です。マリンアクティビティを楽しめる場所でもありますが、物価が安いのでショッピングにも最適な場所です。今回は、セブ島でも特におすすめのショッピングスポットをご紹介します。

SMシティセブ

SMシティセブは、フィリピン全土の60店舗以上展開している大型のショッピングモールチェーンです。セブ島のお土産を買えるお店はもちろんですが、婦人服や紳士服などのカジュアルファッションブランドなどが軒を連ねています。スーパーや免税店もあるので、SMシティセブへ行けばだいたいの物が手に入ります。それだけではなく、シャングリ・ラ・マクタンリゾート&スパなどのホテルへ行ける無料のシャトルバスも運行しているため、マクタン島からも足を運びやい場所だと言えるでしょう。かなり満足度が高いショッピングモールなので、ぜひ足を運んでみてください。

アヤラセンター・セブ

アヤラセンター・セブは、セブシティビジネスパークの中心部にあるショッピングモールです。本館と新館、デパートの3つで構成されています。紳士服や婦人服、子ども服、バッグ、靴、日用品、コスメ、お土産など何でも揃います。ミズノやナイキといった有名スポーツショップもあるので、水着を買うことも可能です。レストランやカフェも充実しているため、ショッピングの合間にゆっくりとランチやティータイムを楽しむこともできます。SMシティセブと同じように、シャングリ・ラ・マクタンリゾート&スパなどのホテルへ行ける無料のシャトルバスが運行しています。旅行者にとってとても嬉しいサービスです。

マリーナモール

マリーナモールは、アイランドセントラルから徒歩でおよそ5分の場所にあるショッピングモールです。空港から一番近い場所にあるため、トランジットの待ち時間に足を運ぶ人もたくさんいます。また、セブ島のお土産を買い忘れてしまってマリーナモールで買うという人も少なくありません。周りには、スターバックスなどの飲食店やカフェが多数あるため、マリーナモールの中でも外でも楽しむことができるでしょう。

オープンの時間が午前7時とかなり早いため、朝早く空港に着いた場合に時間を潰せます。他の大型ショッピングモールと比べてしまうとどうしても見劣りする部分はありますが、フィリピンらしさを堪能したいならぜひ足を運んでみたい場所です。スーパーマーケットに隣接しているアーケードには、小さな店がいくつも軒を連ねています。そこにはブランド品などが売られているのですが、偽物もあるので注意が要注意です。

ロビンソンズ・ガレリア・セブ

ロビンソンズ・ガレリア・セブは、SMシティセブから比較的近い場所にあるショッピングモールです。SMシティセブと比べると観光客が少なく、あまり混んでいません。そのため、タクシーにも比較的すぐに乗れるというメリットがあります。店内はかなり洗練された雰囲気になっていて、地元の富裕層から好まれています。フードコートなどを見てみても、日本のデパ地下を彷彿させるような造りです。ロビンソンズ・ガレリア・セブには、セブ島の隣にあるボホール島で人気の「ボホール養蜂場 Bohol Bee Farm」が入っていて、食事を楽しんだり、お土産を買ったりできます。食品売り場の一角には、フィリピン各地の名産品コーナーが設けられていて、お土産も買いやすいショッピングモールでしょう。セブ島の名物であるドライマンゴーは特におすすめです。

ガイサノ・アイランドモール

ガイサノ・アイランドモールは、ガイサノキャピタルグループが運営しているショッピングモールの1つです。どちらかというと現地のフィリピン人向けのショッピングモールですが、ばらまき用のお土産を調達できるので観光客にもおすすめです。ローカルな雰囲気を味わうこともできるので、フィリピンへ何度も足を運んだことがあり、たまには違う雰囲気を堪能したいという人にもおすすめでしょう。ドライマンゴーやパパイヤ石鹸などを手ごろな価格で購入できるのは、ガイサノ・アイランドモールならではのメリットです。ガイサノ・アイランドモールの中には、売店形式のお店もたくさんあります。露天では衛生面が不安で買えないという人でもガイサノ・アイランドモールの中にあれば安心して買えるのではないでしょうか?フィリピンのローカルデザートも楽しめるので、気になる人はぜひ立ち寄ってみてください。

まとめ

セブ島は、日本人観光客からの人気も高いリゾート地です。観光スポットを巡るのももちろん楽しいのですが、ショッピングモールで買い物を楽しむのも現地を満喫したい人にとっておすすめです。今回紹介したショッピングモールは、どれも魅力がたっぷりと詰まっている場所ばかりなので、気になる人はぜひ足を運んでみてください。SMシティセブやアヤラセンター・セブは、ホテルへ行くシャトルバスもあるため、セブ島旅行に慣れていない人でも安心できるでしょう。地元をより感じたいのであれば、ロビンソンズ・ガレリア・セブやロビンソンズ・ガレリア・セブがおすすめです。

最新情報をチェックしよう!
>フィリピンの魅力をしりたい人はこちら

フィリピンの魅力をしりたい人はこちら

フィリピンは、①アジアNO1の人口増加率②高いGDP成長率③公用語が英語④観光客数の継続的増加等、投資メリットがあります。 この資料はそんなフィリピンの魅力を余すことなく伝え、これからフィリピンに留学する方、不動産投資のお役に立つ資料に仕上げました。

CTR IMG