前田 憲一郎
AUTHOR

前田 憲一郎Areit-labo

2010年入社。営業、企画、開発を経験後、東京支店長として幅広い不動産売買業務全般に携わる。 直近では、国内外の不動産を活用したオーナー様の資産運用を行い、『海外不動産投資を始める方にとって安心できる不動産企画設計』の重要性を痛感、『新しい不動産投資のあり方』を提唱している。

  • 2021年9月3日

フィリピン貿易産業省、輸入完成車への正式なセーフガード発動を見送り

フィリピン貿易産業省(DTI)は8月6日、輸入完成車に対する正式なセーフガードを発動しないことを発表した。同省は2021年1月、自動車や鉄鋼、造船、鉱業分野の労働者で構成される労働組合「フィリピン・メタルワーカーズ・アライアンス(PMA)」からの申請を受けてセーフガード暫定措置の発動を発表し(202 […]

  • 2021年9月3日

比パナソニック(PMPC)、21年度第1四半期急回復

パナソニックのフィリピン製造拠点であるパナソニック マニュファクチャリング フィリピン(比パナソニック、証券コード:PMPC、会計期末3月)は、このほど、2021年度第1四半期(2021年4月~6月)の事業報告書を開示した。… 出典:【フィリピン経済・金融・投資情報「比パナソニック(PM […]

  • 2021年9月3日

政府の2021年成長率予想、4~5%へ下方修正

開発予算調整委員会(DBCC)が、8月18日、2021年~2024年の中期マクロ経済目標やその前提条件見直しのための会議を開催した。DBCCは政府の経済関係部署の横断機関であり、マクロ経済目標決定などの役割を担っている。今回のDBCC会議において、2021年のGDP成長率予想が、これまでの6.0%~ […]

  • 2021年9月3日

比トヨタ環境対策も推進、太陽光発電能力50%増強へ

 「トヨタ環境チャレンジ2050(TEC2050)」のもとで環境を経営の最重要課題のひとつと位置付け、CO2排出ゼロにとどまらず環境へのプラスを目指すトヨタグループの一員として、トヨタ自動車のフィリピン拠点であるトヨタモーター フィリピン(TMP)は、クルマの製造時におけるCO2排出量ゼロを目指す「 […]

  • 2021年9月3日

財政インセンティブ審査委員会(FIRB)、初めて税制優遇措置を承認

フィリピン財務省(DOF)は8月3日、財政インセンティブ審査委員会(FIRB)が設置後初めて、投資プロジェクトに対して税制優遇措置を承認したことを発表した。FIRBは、税制改革の第2弾(法人向け諸税の見直し)となるCREATE法(2021年4月11日発効、注)に基づいて設置された。同委員会は、大規模 […]

  • 2021年9月3日

第2四半期GDP成長率11.8%、33年ぶりの高成長

フィリピン統計庁(PSA)の速報によると、2021年第2四半期(4月~6月)のGDP成長率(実質ベースの対前年同期比、以下同様)は11.8%となり、6四半期ぶりにプラス成長に転じるとともに、1988年第4四半期の12.0%以来、約33年ぶりの高い伸びとなった。ただし、比較対象となる2020年第2四半 […]

  • 2021年8月12日

【フィリピン】財務省、ニッケル・金をはじめとする鉱物資源の生産拡大に期待

フィリピン財務省(DOF)のテレサ・ハビタン次官補は7月29日、フィリピン政府が新規の鉱業協定を締結することを可能とした大統領令第130号(2021年4月14日に署名)を踏まえ、フィリピンの鉱業は大きな成長機会を有していると発言した(政府通信社2021年7月30日)。大統領令第130号は、アキノ前政 […]

  • 2021年8月11日

【フィリピン】三越と野村不動産のBGC高層住宅、比最優秀賞受賞

野村不動産は、8月4日、「三越伊勢丹ホールディングス(三越伊勢丹)とフィリピン大手不動産企業フェデラルランドの3社で共同推進するマニラ首都圏における分譲住宅『ザ・シーズンズレジデンス』が、世界の優れた不動産プロジェクトを表彰する『International Property Award』のResid […]

  • 2021年8月11日

【フィリピン】アヤラランド、上半期純利益34%増の60億ペソ

フィリピン最大級の不動産企業であるアヤラランド(証券コード:ALI)は、8月3日、2021年上半期(1月~6月)の決算速報を発表した。 当上半期の総収入は前年同期比(以下同様)19%増の490億ペソ、帰属純利益は34%増の60億ペソと増収増益決算だった。予約販売額は26%増の482億ペソ。新型コロナ […]

  • 2021年8月11日

【フィリピン】比ヤクルトの上半期販売37%増、世界最高の伸び率

ヤクルト本社の2022年3月期決算資料などによると、2021年1月~6月のフィリピンヤクルトの1日当り販売数量(速報値)は前年同期比36.9%増の361万7千本に達した。 また、海外市場ではインドネシアの711万4千本、中国の688万9千本に次ぐ世界第3位で、メキシコの345万4千本を上回った。ちな […]

>フィリピンの魅力をしりたい人はこちら

フィリピンの魅力をしりたい人はこちら

フィリピンは、①アジアNO1の人口増加率②高いGDP成長率③公用語が英語④観光客数の継続的増加等、投資メリットがあります。 この資料はそんなフィリピンの魅力を余すことなく伝え、これからフィリピンに留学する方、不動産投資のお役に立つ資料に仕上げました。

CTR IMG