セブ島は語学留学に最適の場所!その理由とは?

リゾートとして人気のあるセブ島ですが、実は留学場所としても人気のあるのがセブ島です。美しい自然が魅力のセブ島に語学留学考えているのであれば、セブ島について最低限理解しておく必要があります。そこで、セブ島で使われている言語や留学先での学び方についてご紹介していきます。セブ島留学前に知っていることで役立つ言葉もご紹介していくので、セブ島での留学に役立ててください。

セブ島の人はセブアノ語で会話する

フィリピンの公用語は「タガログ語」です。しかし、フィリピンには7,000以上もの島があり、島独自の言語を使っている場合もあるのです。日本のように方言とは違い、それぞれの島で全く違う言葉を話していることもあり、最初は戸惑うことも多いでしょう。

セブ島においては、「セブアノ語」で会話をしています。「セブアノ語」はセブ語、ヴィサヤ語、ビサヤ語とも呼ばれています。そのため、留学ではセブアノ語も覚えていた方が、滞在先で不便なく過ごせると考えられます。

実は英語もしゃべれる!?

セブ島では、セブアノ語で会話が繰り広げられますが、英語も話せるのです。フィリピンの中学校や高校では、英語で授業が進められます。フィリピンでは、テレビ番組でも字幕や吹替なしでアメリカの番組が放送されているので、子どものころから生後に触れる機会が多いのでしょう。英語を話すことが一般的なので、語学留学の地としてセブ島はおすすめできるのです。

なぜセブ島への語学留学が流行っているのか?

セブ島への留学が人気の理由をご紹介していきます。

セブ島留学はマンツーマンが基本

英語を学ぶ際に、授業についていけるか、質問がしやすい環境なのか不安を抱く人は多いです。セブ島留学では、そんな悩みを持つ人も安心して学べる環境が整っています。セブ島の語学学校の多くでは、マンツーマン形式での勉強が一般的です。グループでのレッスンとは違い、他の生徒を気にすることなく自分のペースで学べるので、焦らず勉強を続けることができます。質問もすぐにできる環境なので語学に自信がなくても安心でしょう。

レベルが高い講師がたくさん

フィリピンでは、子どものころから英語に触れ合う環境が整っているので、日本人よりも英語力が高いです。特に、英語を教える講師は大学で英語を教えることを学んできた人物なので、日本で英語を勉強するよりも効率が良いと考えられるでしょう。レベルの高い講師によるレッスンを受けたい場合には、セブ島留学を検討してみましょう。

リゾートを満喫できる

セブ島は、世界でも有数のビーチリゾートとして有名です。学校のない日には、気軽にビーチに足を運べるので勉強での疲れをリフレッシュできるでしょう。海を対象にしたアクティビティも豊富で、アイランドホッピングやパラセーリング、ジェットスキーやダイビング、シュノーケリングなど、様々なアクティブティを通して現地の人と触れ合えば英語の勉強にもなるでしょう。また、アクティビティの中でもジンベイザメツアーは他ではない体験となり、観光客にも人気です。普段目にすることがないジンベイザメを間近でウォッチングできるので、留学の思い出として体験するのもおすすめです。

留学前に知っておきたいセブアノ語

ここからは、セブ島に留学に行く前に知っておきたいセブアノ語についてご紹介していきます。普段使う言葉が多いので覚えておくと留学先で活用できるでしょう。

挨拶の言葉

挨拶は現地の人たちとコミュニケーションをとるためにも欠かせません。

  • おはよう…Maayong buntag(マアヨン ブンタン)
  • こんにちは…Maayong hapon(マアヨン ハポン)
  • こんばんは…Marayong gabie(マアヨン ガビィ)
  • ありがとう…Salamat(サラーマット)
  • どういたしまして…Way sapayan(ワイ サパヤン)

上記の言葉は、日常で使う頻度が高いので距離を縮めるためにも活用してみてください。

対応時の言葉

セブ島での留学中や観光中に使える言葉をご紹介します。セブ島では、男性と女性に話しかける際、違う呼びかけとなります。

  • 男性に呼びかける…Kuya(クヤ)
  • 女性に話しかける…Ate(アテ) 

となるので、レストランやスーパーなどで店員さんを呼び止める時なので使ってみましょう。また、返事は以下の通りです。

  • はい…Oo(オオ)
  • いいえ…Dili(デレ)

質問された時にも使えるので覚えておきましょう。また、お願いしますはPalihug ko(パリホグ コ)、すみませんはpasayloa(パサイヨア)となっているので、日常で使ってみてください。

注文する時の言葉

セブ島のレストランやマーケットで食事をする際に使える言葉をご紹介します。

  • 1つ… Usa(オサ)
  • 2つ…Duha(ドハ)
  • 3つ…Tulo(トロ)
  • いくらですか?…Pila?(ピラ)

シンプルなので覚えやすい点が魅力でしょう。

まとめ

セブ島は観光目的だけではなく、留学先としても人気が出てきています。英語が堪能な人が多いことで、学べる環境は整っています。マンツーマン形式で勉強ができる点も魅力が高いと言えるので、留学先選びで悩んでいる人はセブ島も候補に入れてみてはいかがでしょう。実際にセブ島へ留学する際には、セブアノ語を覚えていくと現地の人とも交流ができるので便利です。難しい言葉ではないので、上記を参考にセブ島留学に役立ててみてください。

関連記事

留学先として近年選ばれているのがセブ島です。世界有数のリゾート地として存在するセブ島留学はどんなメリットがあるのでしょうか?今回はセブ島留学のメリットと共におすすめの学校もご紹介していきます。留学先に悩んでいる人はぜひご覧ください。 […]

最新情報をチェックしよう!
>フィリピンの魅力をしりたい人はこちら

フィリピンの魅力をしりたい人はこちら

フィリピンは、①アジアNO1の人口増加率②高いGDP成長率③公用語が英語④観光客数の継続的増加等、投資メリットがあります。 この資料はそんなフィリピンの魅力を余すことなく伝え、これからフィリピンに留学する方、不動産投資のお役に立つ資料に仕上げました。

CTR IMG