セブ島は安心?治安事情と3つの注意点

海外不動産に興味を持っている人の中には、フィリピンのセブ島の物件を検討している方もいらっしゃるでしょう。海外不動産を検討する条件の中には、現地の治安というのも判断基準に挙げられます。今回はセブ島の治安についてご紹介しましょう。

セブ島の治安事情

フィリピンのセブ島は1年中常夏のリゾート地ということもあり、日本からの観光客も多い地域です。そんなセブ島の治安について詳しく解説します。

フィリピンは地域によって治安も変わる

セブ島があるフィリピンは地域によって治安の良し悪しが変わります。特にフィリピンのミンダナオ島マラウィ市では国軍対イスラム過激派の紛争が発生し、2019年末まで戒厳令が敷かれていました。また、首都圏のマニラなどでは治安が悪い地域もありますが、マニラの中でも語学学校などが集中するマカティの治安は極めて良好であり、地域によって治安も変わってしまうことが分かります。

セブ島は比較的治安がいい

地域によって治安が変わるフィリピンの中でもセブ島は比較的治安がいいと言われています。NUMBEOの2019年4月の調査によると犯罪指数や安全性指数などは、治安がいいことで知られるオーストラリアのゴールドコーストに近い数字を示しており、このことからも治安がいいことが分かります。フィリピンだけでなく、東南アジアにある他の観光地と比べても安全な地域です。

スリや置き引きに注意

比較的治安のいいセブ島ですが、フィリピンは発展途上国であり日本の治安事情とは大きく異なります。特に観光客などが遭いやすい犯罪としてスリや置き引きが挙げられます。日本人は警戒心が薄いということもあり狙われやすいといわれ、ストリートチルドレンや乗り合いバスなどではスリに遭いやすいです。レストランやカフェなどで食事中にちょっと席を立つ際にバックなどを置きっぱなしにしてしまうと、その隙に置き引きに遭ってしまう可能性があるので、貴重品の管理は怠ってはいけません。

運賃トラブルに巻き込まれてしまうことも

現地での交通手段としてタクシーを使う場合、運賃トラブルに巻き込まれてしまうことがあるので、注意が必要です。セブ島のタクシーはほとんどがメーター制で、日本と同じようについたらメーター分のお金を払うのが一般的です。

しかし、中には細工したメーターやメーターを使用しない悪質なドライバーがいます。乗ってしまった後でどう考えても高いと思った場合は、速やかに落ち着いて降りる旨を伝えましょう。大きなお札しかない時は「おつりがない」と言われて大金をそのまま支払わなければいけないことがあるので、細かいお金を用意しておくことが大切です。遠距離の移動の場合はメーターのほかに追加料金を払うのが一般的なので、覚えておきましょう。

安心して滞在するために気を付けておきたい注意点

置き引きやスリ、運賃トラブルなどがあるセブ島ですが、いくつかの点を注意することで、安心して滞在することができます。安心して過ごすためのポイントをいくつかご紹介するので、押さえておきましょう。

夜の繁華街には注意

フィリピン人や外国人に人気のバーやクラブがあるマンゴーストリートは、セブ島きっての夜の歓楽街です。夜の歓楽街を体験したいという方もいますが、危険が潜んでいるということにも注意する必要があります。薄暗いクラブなどはスリが起こりやすく、裏通りはドラックの売買や売春に使われることが多いです。夜の街を楽しみたい場合は、貴重品や貴金属はできるだけ持ち歩かず、安易に路地裏などには行かないようにしましょう。日本語のガイドがついたツアーなどを利用するのも有効です。

ダウンタウンはスリに遭いやすい

セブ島の中でもダウンタウンのコロンストリートはサントニーニョ教会といった歴史的建造物や、ローカルなショッピングエリアなどがあり観光スポットの1つです。しかし、この町はダウンタウンに当たり、浮浪者やストリートチルドレンなどがスリなどを行う治安が悪いエリアに当たります。昼間は基本的な安全対策を行うことで観光することが可能ですが、夜には雰囲気が変わるので近づかないようにしましょう。

女子旅には十分な注意を!

女性の1人旅や、複数人でも女性だけの旅行では十分に注意をする必要があります。特に女性だけで夜に外出するのは避けた方が無難です。女性旅行者は現地の男性からアプローチを受ける場合もありますが、トラブルを避けるためにもしっかりと断りましょう。どうしても移動する場合はホテルでタクシーを頼む、ツアーに参加するといった安全な方法を選びましょう。

まとめ

今回はセブ島の治安事情と注意点についてご紹介してきました。比較的治安のいいセブ島でも、置き引きやスリといった軽犯罪に遭うことがあります。夜の歓楽街やダウンタウンなど治安が良くないエリアもありますが、いくつかの注意するポイントを押さえれば、セブ島は治安がいいエリアだと言えるでしょう。

最新情報をチェックしよう!
>フィリピンの魅力をしりたい人はこちら

フィリピンの魅力をしりたい人はこちら

フィリピンは、①アジアNO1の人口増加率②高いGDP成長率③公用語が英語④観光客数の継続的増加等、投資メリットがあります。 この資料はそんなフィリピンの魅力を余すことなく伝え、これからフィリピンに留学する方、不動産投資のお役に立つ資料に仕上げました。

CTR IMG