セブ島へ行く前にチェックしたい!物価や商品の価格帯

フィリピンにあるセブ島に行く際に、調べておきたいのは物価です。日本よりも物価が安いイメージがあり、確かにその通りではあるのですが、全てのものが日本より安いというわけでありません。そこで今回は、セブ島へ行く前にチェックしたい!物価や商品の価格帯についてご紹介します。セブ島旅行を考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

セブ島の物価は日本より安い?

セブ島の物価について、日本より安そうなイメージを持っている方も多いと思いますが、実際はどうなのでしょうか。ここでは、セブ島の物価や商品の価格についてご紹介します。

品物によって物価は変わる!

セブ島の物価は総合的に見て、日本よりも安くなっています。大体のものが相対的に安いと言えますが、「日本と比べて、どの程度安いのか」といった物価は品物によって変わります。

たとえば、コーラの値段です。日本で100円で売っているコーラは、セブ島では約24円で買えます。水も安くなっていて、日本で買った場合に100円する500mlであれば、約54円と半額近い値段になっています。

マクドナルドについてはセットにもよりますが、約6割程度の値段です。品物やサービスによって、どのくらい安くなっているかは異なりますが、いずれにしても日本よりも安くなっているものが大半です。

食品・交通費は日本よりも安め

セブ島の食品と交通費は、日本と比べて安くなっています。飲み物は日本の3割程度の値段で、お菓子は2割程度の値段で買えます。ただし、日本製の食品は例外となるので注意しましょう。交通費については、タクシーの初乗り料金は2〜3割の値段となっています。日本で420円かかるところが、セブ島では約80円です。セブはガソリン代が安いので、料金上昇も300mで約5円と緩やかです。日本と比べて安い分、ついついタクシー移動が増えてしまうこともあるでしょう。値段が安いのは嬉しいところですが、乗車時はメーターをしっかり確認しておかないと料金をごまかされる可能性があるので注意する必要があります。

マッサージ・スパがお得に受けられる!

マッサージやスパをお得に受けられるのも、セブ島の魅力です。日本で60分・約6,000円のコースも、セブ島なら2,000円弱と4割程度の金額になります。女性の方はもちろん男女関係なくマッサージは受けられるので、観光の際は家族全員で行ってみるのも良いでしょう。店舗の数も多いため、ホテルから近いところなど選びやすい点もメリットです。日本のお店で受けると「少し高い」と感じていたマッサージも、セブ島なら格安で受けられます。

セブ島での両替や買い物で気を付けたい4つのポイント

日本より物価が安くセブ島では、買い物を存分に楽しめます。しかし、両替や買い物で注意したいポイントがいくつかあるので覚えておきましょう。

両替するタイミングに注意

セブ島で両替する際は、タイミングに気を付けるようにします。フィリピン通貨・ペソへの交換は、日本やフィリピンの空港、街中などあちこちでできますが、レートで損をしたくないのであればセブシティで交換するようにしましょう。ただし、セブシティのような街中での両替には、枚数を誤魔化されるなどのリスクも潜んでいます。レートで選ぶなら街中ですが、安全性の高さを取るなら日本の空港が良いでしょう。

セブシティから離れると嗜好品・消耗品が高くなりやすい

セブ島は豊かな自然が魅力なだけに、観光スポットの多くは街中から離れています。そのためセブシティから離れると、贅沢品や消耗品は高くなる傾向にあります。物資の輸送にはコストがかかるため、値段もその分割高になるのでしょう。日本より物価が安いとはいえ、買えるものは街中で買っておくとお金を有効に使えます。

ブランドものは日本より高値になっていることも

日本製の衣料品ブランドや雑貨店もセブ島にありますが、日本で買うよりも値段が高い可能性があります。セブ島では輸入品を高級品として扱っているため、日本で100円の商品が、現地では1.3倍の130円で売られていることもあります。SMシティなど大型ショッピングモールには、他にも海外ブランドが入っていますが、購入の際は値段を見ておくと安心です。

物価が安いものは質が悪い可能性もある

物価が安いのは嬉しいことですが、中には質の悪い商品やサービスもあります。セブ島は美しいロケーションに加えて、手頃な価格で楽しめることから観光客を集めているリゾート地です。当然良いサービスを提供しているお店もありますが、安いだけで質が伴っていない商品があることは覚えておきましょう。

まとめ

セブ島の物価は日本と比べて、安くなっています。物価については品物やサービスによって異なりますが、全体的に日本よりもお得に買えることは確かです。食品や交通費も安いので、数日滞在したり、あちこち移動したりする時にも助かるでしょう。セブ島に行く前には物価を事前に調べて、両替のタイミングなども考えておくと、スムーズな旅行ができるでしょう。

最新情報をチェックしよう!
>フィリピンの魅力をしりたい人はこちら

フィリピンの魅力をしりたい人はこちら

フィリピンは、①アジアNO1の人口増加率②高いGDP成長率③公用語が英語④観光客数の継続的増加等、投資メリットがあります。 この資料はそんなフィリピンの魅力を余すことなく伝え、これからフィリピンに留学する方、不動産投資のお役に立つ資料に仕上げました。

CTR IMG