セブ島周辺を楽しむなら足を運びたい世界遺産はココ!

日本人からの人気も高いセブ島には、魅力的な観光スポットがたくさんあります。多くの人が足を運ぶ観光スポットの中には、世界遺産に認定されている場所もあるのです。今回は、セブ島周辺を満喫したい人におすすめの世界遺産を4つピックアップしてご紹介しましょう。

チョコレートヒルズ

チョコレートヒルズは、セブ島から船に乗っておよそ2時間で到着するボホール島にあります。チョコレートヒルズには、1,000個以上の小さな山が並んでいます。雨季になると緑の草が枯れることによって茶色になり、まるでチョコレートのようにみえるため、チョコレートヒルズと名付けられました。アメリカからやってきた観光客が「チョコレートみたいだ」と行ったことが名前の由来だという説もあります。マグマ活動による隆起でこの形が作られたという説や巨人が喧嘩して投げ合った石がこの地形を作られたという説など、様々ないわれを調べてみるのも楽しいでしょう。

展望台からはその美しい景色を一望できるので、ぜひ足を運んでみてください。展望台までは、2,000段以上の階段を上らなければいけません。そのため、できるだけ動きやすい服装と履きなれた運動靴を持参した方が安心です。展望台に入場するためには、大人50ペソ(およそ105円)、子ども10ペソ(およそ21円)の入場料がかかりますが、そこから見える光景はそれ以上の価値があります。

バロック様式教会群

バロック様式教会群は、フィリピンの各地に点在しています。マニラにあるサン・アグスチン教会は、観光の拠点にもなるイントラムロスの中にあるので、かなりアクセスがしやすいです。ルソン島にあるパオアイのサン・アグスチン教会とサンタ・マリアのアスンシオン教会は、マニラからバスに乗って8時間ほど走った場所にあるビガンへ行き、さらにそれぞれの町へ向かうバスに乗り継ぐ必要があります。マニラから飛行機でラオアグに向かい、バスを利用していくこともできます。

パナイ島のビリャヌエバ教会は、イロイロという町の西側にあるミアガオにある教会です。イロイロは、マニラから飛行機で1時間半くらいの場所にあります。これらの教会は、スペイン文化を感じさせてくれます。写真で見てもかなり迫力のある様子が伺えますが、実物を見るとそのすばらしさをより感じられるので、ぜひ足を運んでいただきたい世界遺産だと言えるでしょう。

ハミギタン山地野生生物保護区

ハミギタン山地野生生物保護区は、フィリピンの南部にあるミンダナオ島にあります。ハミギタン山の標高は1.637mで、ここにしか生息していない動植物がたくさんいるのです。豊かな自然が残されていることから、2014年に世界遺産登録されました。中には、絶滅危惧種もたくさんいて、自然保護の取り組みも重要視されている世界遺産として知られています。

ハミギタン山地野生生物保護区へ行くには、マニラからダバオ国際空港まで向かいます。ダバオからは、バスでマティという町へ向かってください。北東海岸時の道から行けば、世界遺産区域の入り口あたりにリゾート施設がたくさんあるエリアがあり、宿泊施設もあるのです。ハミギタン山地野生生物保護区をメインで見ようと考えているのであれば、周辺の宿泊施設を選ぶと良いでしょう。

コルディリエーラの棚田

コルディリエーラの棚田は、非常に美しく、壮大なスケールの棚田を見られる場所です。その美しさから“天国への階段”と称されています。また、世界七不思議の次にやってくるものとして「世界8番目の不思議」とも称されています。コルディリエーラの棚田を楽しむためには、ガイド付きのツアーを利用する観光客が多いです。しかし、ガイドなしでも絶景ハイキングを楽しめるので、旅行のプランなどに合わせてガイドを利用するかどうか決めると良いでしょう。

コルディリエーラの棚田として世界遺産に登録されているのは、バナウェ管轄のバタッド村、バンガアン村、フンドアン地区、マヨヤオ地区、キアガン地区の5ヶ所です。この中でも写真が多く使われているのは、バタッド村の棚田となっています。日本の棚田も四季折々の美しい表情を見せてくれますが、コルディリエーラの棚田も同様です。時間帯によっても見せてくれる表情が変わるので、1日の中でも変化を楽しめるでしょう。

まとめ

フィリピンのセブ島周辺には、とても魅力的な観光スポットがたくさんあります。世界遺産に登録されている場所も多く存在しているので、見応えも抜群です。日本では見ることができないような壮大な絶景は1度見れば忘れられない思い出になること間違いなしです。豊かな自然を堪能できる世界遺産だけではなく、歴史を感じられるバロック様式教会群も楽しめるため、様々な楽しみ方ができる場所です。セブ島周辺の旅行へ行こうと考えている場合は、ぜひ今回紹介した世界遺産にも足を運んでみてください。ツアーが行われているケースもあるので、初めてで行くのが不安だという人は、ツアーに参加してみると安心してその魅力を堪能できます。

最新情報をチェックしよう!
>フィリピンの魅力をしりたい人はこちら

フィリピンの魅力をしりたい人はこちら

フィリピンは、①アジアNO1の人口増加率②高いGDP成長率③公用語が英語④観光客数の継続的増加等、投資メリットがあります。 この資料はそんなフィリピンの魅力を余すことなく伝え、これからフィリピンに留学する方、不動産投資のお役に立つ資料に仕上げました。

CTR IMG