セブ島ではクレジットカードは必要?あると良い理由と注意点

日本ではキャッシュレス化が進んでおり、日頃からクレジットカードやスマホ決済などで支払いを済ませる人もいるでしょう。海外旅行では現金を盗まれた時の対策や荷物を軽くする目的で、クレジットカードを持って行く人がほとんどです。ただ、セブ島でクレジットカードはあった方がいいのか疑問に思う方も多いでしょう。ずばり、セブ島へ行く時もクレジットカードはあった方が良いです。
そこで今回は、クレジットカードを持って行くメリットや使う時の注意点をご紹介します。

セブ島でクレジットカードがあると良い理由

セブ島で買い物や食事をする時もクレジットカードは重宝します。
まずはクレジットカードを持って行くと良いメリットをご紹介しましょう。

両替よりも手数料が安い

セブ島では日本円が使えないので、ペソの両替する必要があります。場所によって手数料は異なりますが、両替した分の3~10%程手数料を差し引かれています
。例えば、10万円を両替しても、1万円ぐらいは手数料で損をすることになります。一方、クレジットカードの海外決済の適用レートはブランドによって異なりますが、1.60~2.0%前後なので、両替よりも負担は軽いです。さらに、クレジットカードでは購入金額に応じてポイントが還元されるというメリットもあります。

現金を持たずに観光や食事ができる

クレジット決済で済むのであれば、観光地でお土産を買ったり食事をしたりする時も現金を使う必要がありません。財布から紙幣や通貨を出す手間もなくなり、スムーズに決済を終わらせられます。また、現金を使い切ってしまった時もクレジットカードでの決済手段があれば安心できます。

海外旅行保険が付いているとより安心

海外で病気やケガなどを理由に病院へ行く場合、日本の保険は適用されないので高額の医療費がかかってしまう場合があります。そのため、海外へ行く時は海外保険旅行の加入が求められます。ただ、海外保険旅行の加入には数千円~1万円ほどかかってしまうので、もったいないという人もいるでしょう。クレジットカードの中には無料の海外旅行保険が付帯されていることがあります。適用条件が細かくありますが、海外旅行保険付きのクレジットカードであればより安全にセブ島を楽しめます。

クレジットカードを使う際の注意点

セブ島への旅行や出張でクレジットカードの持参はおすすめですが、使う上で注意したいこともあります。では、クレジットカードを使う時の注意点を確認していきましょう。

JCBカードは使えないことが多い

クレジットカードにはたくさんの国際ブランドがあります。しかし、お店によって加入する国際ブランドが違うので、中には決済に使えないブランドもあります。例えば、セブ島を含めてフィリピンではJCBカードは使えないと考えた方がいいです。一方、フィリピンで多いのはVISAカードやMasterカードを使えるお店が多い傾向があります。アメリカンエクスプレスカードは使用できる場所が増えていますが、五つ星のリゾートホテルなど大手でないと使えないケースが多いので注意してください。

使えるお店を確認しよう

国際ブランドの確認も大事ですが、そもそもお店でクレジットカード決済ができるかどうかも重要です。基本的にリゾートホテルやアヤラモールなどの大型商業施設などでは問題なく使えます。しかし、屋台やコンビニ、タクシー、地元のマッサージ店、一部のファーストフード店などではクレジットカード決済ができないと考えておいた方が良いです。クレジットカードがあれば現金を使わずに済みますが、使えないことを想定してある程度の現金は予備として持っておきましょう。

なお、タクシーや屋台などではおつりを用意していないことも多く、少額商品に対して大きいお札での支払いはあまり好まれません。断られることも多いので、20~100ペソを多く持っておくと、現金払いに対応しやすくなります。

盗難や紛失に気を付けよう

治安の良いセブ島でも盗難は珍しい事件ではありません。観光中にうっかりクレジットカードが入っている財布を奪われてしまう恐れがあるでしょう。また、誤って財布ごとクレジットカードを落として紛失させてしまう可能性もあります。
盗難や紛失により他の誰かに渡ってしまうと、不正利用される可能性があるので注意が必要です。現金とクレジットカードは別に収納したり、目の届かない場所にしまわないようにしたり防犯や紛失対策に徹底してください。

万が一、盗難や紛失をしたら、まずはクレジットカード会社に連絡して利用を停止してもらいます。その後、海外旅行保険に加入しているのであれば、保険会社に連絡をして対処を確認しましょう。カバーできるものがあれば、後から保険金が出る可能性があります。保険会社から盗難届(被害証明書)が必要と説明されるので、警察署に向かいます。警察署で氏名・生年月日、盗難にあった時刻・場所・盗まれたものなどを確認し、盗難届を発行してもらい、あとは保険会社の指示通りに手続きを行ってください。

まとめ

クレジットカードがあれば気軽にセブ島でのショッピングや食事を楽しめます。
使えば使うほどポイントが貯まり、両替よりも手数料がやすいなどのメリットもあります。ただし、セブ島では使えない国際ブランドやお店があるので、確認した上でクレジットカードと現金を上手に使い分けていきましょう。

最新情報をチェックしよう!
>フィリピンの魅力をしりたい人はこちら

フィリピンの魅力をしりたい人はこちら

フィリピンは、①アジアNO1の人口増加率②高いGDP成長率③公用語が英語④観光客数の継続的増加等、投資メリットがあります。 この資料はそんなフィリピンの魅力を余すことなく伝え、これからフィリピンに留学する方、不動産投資のお役に立つ資料に仕上げました。

CTR IMG