セブ島へ行く前に確認したい!現地のコンセント事情

フィリピンにあるリゾート地・セブ島に旅行へ行く時、ホテルにあるコンセントに注意しなければいけません。なぜなら、日本のコンセントとセブ島のコンセントでは形状や電圧が異なる場合があるからです。形状や電圧が違うとコンセントが壊れる恐れもあるので、海外旅行をする前に必ずコンセントの違いについて調べましょう。今回は、セブ島のコンセントがどのような形なのか、変圧器は必要なのかをご紹介します。

セブ島のコンセントは日本と違う?

フィリピンのセブ島にあるコンセントと日本のコンセントは、どこか違う部分があるのでしょうか?もしコンセントの形状が違ったら、どのように対処すればいいのか分からないという方もいるはずです。まずは、コンセントの形状が一緒なのか見ていきましょう。

コンセントの形は一緒!

日本のコンセントは、「Aタイプ」という細い穴が2つある形状をしています。セブ島も日本のコンセントと同じ形状をしているため、日本で発売されている電化製品はそのまま差し込めます。たまに細い穴の下に丸い穴が開いているタイプや、細い穴の両脇にくっついている状態で丸い穴が開いているものもありますが、Aタイプと同じように差し込めます。つまり、コンセントの形は一緒なので、日本の電化製品も使える可能性が高いです。

電圧が違う可能性があるので注意

コンセントは日本と同じでも、セブ島と日本では電圧と周波数が異なります。日本のコンセントの電圧は100ボルトに対して、セブ島の電圧は220ボルトです。周波数は日本が東日本で50ヘルツ、西日本が60ヘルツとなっていて、セブ島の周波数は60ヘルツとなっています。周波数は特に気にしなくても良いのですが、ここで問題なのが電圧です。日本で開発されている電化製品の多くは、日本の電圧に合わせて作られています。そのため、日本の電化製品をセブ島に持って行ったとしても、コンセントには差し込めますが使えるとは限りません。

変圧器は持って行った方が良い?

電圧が違うとなれば、全ての日本製の電化製品に変圧器が必要なのでしょうか?実はそうとは限らず、日本製の電化製品の中でも全世界のコンセントに対応している電化製品もあります。全世界に対応している電化製品に関しては、変圧器がなくても使用が可能です。しかし中には日本にしか対応していない電化製品もあり、日本対応タイプの場合は変圧器を使って電圧を変えなければいけません。

スマホやデジカメの充電に変圧器は必要?

旅行をする際に必需品と言えるスマホの充電器は、Apple製品とアンドロイド製品によって異なります。iPhoneなどのApple製品の充電器は基本的に全世界対応タイプなので、そのままセブ島のホテル内にあるコンセントにさせます。しかしアンドロイド製品は日本製のものもあり、全世界対応タイプではないものも数多くあるので変圧器が必要です。またデジカメの充電器に関しては、最近はほとんどが全世界対応タイプに変わってきましたが、中には日本対応タイプもあります。日本対応タイプだと使えないので、念のため、仕様書や電源アダプターを見ておくと良いでしょう。

ヘアアイロンなどの家電に変圧器は必要?

セブ島のホテルになかったらいけないと、ヘアアイロンやドライヤーを持って行く方も多く見られます。ドライヤーやヘアアイロンも全世界対応タイプのものが増えてきていますが、まだ日本対応タイプも多いので変圧器は必要と言えるでしょう。しかし、ドライヤーやヘアアイロンなどの高熱になる家電製品は消費電力が大きいので、100円均一などにある小型の変圧器では使えないことが多いです。電圧の切り替えスイッチが付いている電化製品の場合は、コンセントに差し込む前に切り替えてから使ってください。

変圧器はセブ島でも調達可能!

もしも日本から持ってきたものが海外対応でなかったとしても、セブ島で変圧器を購入できます。セブ島のショッピングモール内にある電化製品店では、海外からの旅行客のために変圧器が販売されています。日本よりも少々安く販売されているので、安く手に入れたい場合は現地調達しましょう。しかし現地の店員は日本語が話せないため、違う製品を購入しないように注意してください。不安な方は、日本で変圧器を購入しておくことをおすすめします。

まとめ

今回は、セブ島のコンセントは日本と別なのか、変圧器が必要な電化製品はなにかについて紹介してきました。セブ島のコンセントは日本と同じものですが、日本のコンセントの方が電圧は低いです。日本製品の多くは全世界対応タイプになってきましたが、未だに日本対応タイプのものはあります。もし日本対応タイプのものを持っている場合は、変圧器を持参しましょう。現地でも購入はできますが、現地での購入は違う製品を購入する可能性もあるためおすすめしていません。日本製は品質が良いので、日本で購入してセブ島に持って行くことをおすすめします。今回の記事を参考に、セブ島旅行でコンセントに失敗しないようにしましょう。

最新情報をチェックしよう!
>フィリピンの魅力をしりたい人はこちら

フィリピンの魅力をしりたい人はこちら

フィリピンは、①アジアNO1の人口増加率②高いGDP成長率③公用語が英語④観光客数の継続的増加等、投資メリットがあります。 この資料はそんなフィリピンの魅力を余すことなく伝え、これからフィリピンに留学する方、不動産投資のお役に立つ資料に仕上げました。

CTR IMG