フィリピンの土地や住宅は日本人も購入できる?投資用に適した物件とは

フィリピンで不動産投資をしたいと考えている人やフィリピンでどのような不動産を購入できるのか知りたいと思っている人は、どのくらいいるでしょうか?今回は、フィリピンで投資用の土地や住宅を買えるのか、コンドミニアムとタウンハウスの違いとは何かといった点から、フィリピンの不動産投資事情について見ていきましょう。

フィリピンで投資用の土地や住宅は買える?

フィリピン土地イメージ

海外で不動産投資を検討している人の中には、フィリピンで投資をしたいという人もいるでしょう。そこでまずは、フィリピンで投資用の土地や住宅は買えるのかということについてご紹介します。

外国人は土地や住宅は購入できない?

フィリピンでは、フィリピン国籍を持つ人・フィリピン法人の企業しか土地を購入できないと法律で定められています。日本人がフィリピンの土地を買って不動産投資をする為には、フィリピン法人を設立して、土地を購入する必要があります。(フィリピン国籍を有する個人もしくは法人が60%以上の資本を保有する必要がある)違法行為が発覚した場合は、刑事罰が課せられてしまいます。

但し、土地を購入出来ないから、戸建てを購入出来ないかというとそうではありません。民法上、土地に接して建てられる構築物、設備などは不動産の一部と見なされるが、建物の所有権は土地の所有権と全く切り離すことができるので、実態上別の不動産として扱うことができるのです。その建物の証明は、コンドミニアムであれば、コンドミニアム権利証(Condominium Certificate of Title)が発行され、戸建てであれば、固定資産税の申告書等が所有権の証明となります。

コンドミニアムが日本人投資家にとって主流

法律で外国人が土地を買うことはできないと原則定められていますが、建物であれば問題ありません。つまり、コンドミニアムなら所有できるのです。日本でもそうですが、土地と建物は別の不動産とみなされます。そのため、土地の上に建てられた建物だけを購入すれば問題にはなりません。

その際、土地は借地権となるのですが、

  • 投資目的のみに利用される土地のリース: 最長50年、更新期間は1回限りの25年。
  • 投資のみを利用目的としない土地のリース:最長25年、更新期間は1回限りの25年。

のどちらかで外国人の土地の賃借が認められています。

コンドミニアムとタウンハウスの違い

コンドミニアムイメージ

コンドミニアムとタウンハウスはとても似ているため、見分けにくいです。そこで続いては、コンドミニアムとタウンハウスの違いについてご紹介します。

コンドミニアム

コンドミニアムは、分譲マンションと似たような建物です。リゾート地にある賃貸型リゾートマンションをコンドミニアムと呼ぶことが多くなっています。

タウンハウス

タウンハウスは、連棟式低層集合住宅と呼ばれています。同じ敷地の中に2階建ての長屋を建て、庭を公園のように使う集合住宅のことです。

投資用ならホテルも選択肢に

コンドテルイメージ

コンドミニアムは人口の増加によって需要が高まっています。しかし、需要の高まりに乗じて多く建設されているため、供給過多になってしまうリスクがあるのです。東南アジアではこの様なケースで供給過多になるケースが懸念されるので注意が必要です。(昨今、デベロッパーによる利回り保証・買取保証が出回り始めましたが、こちらも保証してくれる=安心!ではないので注意が必要です。)そのリスクを回避するのであれば、ホテルへの投資を検討してみてはいかがでしょうか?

フィリピンには、セブ島などのようなリゾート地が多数あるため、毎年多くの観光客が足を運びます。そのため、ホテルの需要が下がる可能性は低いと考えられるのです。フィリピンでは投資用の土地は購入できませんし、コンドミニアムのような住宅は供給過多になりつつあります。海外不動産投資で成功を収めたいのであれば、土地や住宅ではなくホテルへの投資もぜひ検討してみてください。

まとめ

フィリピンでは、フィリピン国籍を持つ人及びフィリピン法人しか土地を購入できません。しかし建物であれば誰でも購入できるため、無理に土地を買わなくても良いと思えば問題は解決です。建物を購入する場合は、分譲マンションのようなコンドミニアムかリゾート地のホテルがおすすめです。特にリゾート地のホテルは、多くの外国人観光客が将来的にも訪れると予想できるため、需要は高いと言えます。それに対してコンドミニアムは、多くの投資家がこぞって立てているため供給過多になる可能性があります。それを踏まえて考えるとホテルへの投資が最も魅力的だと言えるでしょう。

気軽にオンラインで相談。ウェブセミナーも開催中。
日本企業デベロッパーの担当者からわかりやすく、フィリピンの基本情報から現地の情報まで解説。
「フィリピン不動産ガイド!」も無料プレゼント中!
最新情報をチェックしよう!
>フィリピンの魅力をしりたい人はこちら

フィリピンの魅力をしりたい人はこちら

フィリピンは、①アジアNO1の人口増加率②高いGDP成長率③公用語が英語④観光客数の継続的増加等、投資メリットがあります。 この資料はそんなフィリピンの魅力を余すことなく伝え、これからフィリピンに留学する方、不動産投資のお役に立つ資料に仕上げました。

CTR IMG