南国リゾート・セブ島の天気は安定している?

近年、日本人観光客の数も増えているフィリピンのセブ島は、直行便もあるので2泊3日などの弾丸旅行にもおすすめの南国リゾートです。そんなセブ島は日本と異なり、熱帯地域ならではの天気や気温になることも少なくありません。今回は旅行の際に気になる、セブ島の天気についてご紹介していきます。セブ島を訪れるおすすめのタイミングもご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

セブ島の天気の特徴

東南アジアのフィリピンに位置するセブ島は、主に熱帯気候に分類されます。具体的にどのような気候になるのかご紹介していきましょう。

年間を通して温暖な気候で過ごしやすい

セブ島の気温は平均26〜27℃と、1年を通して温暖な気候になっているため、非常に過ごしやすい地域と言えます。冬でもコートを着ることなく、半袖で過ごせるのは南国リゾートならではの気候です。また、熱帯気候は暑くなりやすいように感じられるかもしれませんが、実際は最高気温も平均で33℃前後なので、1年中気温が大体一定なので安心して過ごせるでしょう。

湿気も少なく、カラっとしている

熱帯気候は「高温多湿」であることが多いのですが、セブ島では日本に比べて湿度を高く感じないかもしれません。カラっとした天気になることも多く、日本人にとってはかなり過ごしやすい地域です。ただし紫外線量はかなり多く、日本の7〜8倍にもなると言われています。少し日に当たっただけで日焼けしてしまう可能性も高いので、滞在期間中は入念な紫外線対策を行うようにしましょう。

セブ島は雨が降りやすいって本当?

熱帯気候というと「スコール」をイメージする方も多いでしょう。そのため、雨が降りやすいと思われる方も多いのですがそれは本当なのでしょうか?続いてはセブ島の雨について解説していきます。

乾季と雨季に分かれている

セブ島の気候は日本のような四季はないものの、乾季と雨季に分けることができます。乾季は12〜5月、雨季は6〜11月までの期間です。乾季は基本的に天気も安定して晴れになることも多いのですが、雨季はその名の通り突然スコールが降ってくることも多いです。

ただし、年間の平均降水量は東京とあまり変わらず、雨季にスコールが降ったとしても長く降り続くわけではありません。突発的に降ることもあるので雨具などは用意しておくと安心ですが、滞在期間中ずっと雨が降っていて旅行が台無しになったということはほとんどないと言っても過言ではないでしょう。

乾季でもスコールは降る

雨季にはスコールが降りやすくなりますが、乾季でも全くスコールが降らないわけではありません。もしスコールが降ったとしても1〜2時間もすれば降り止み、すぐに晴れ間が広がってくることもあるので、雨が降ってきたら一旦屋内で様子を見ると良いでしょう。

現地の人もスコールがいつ降るか分からない

セブ島の天気はコロコロ変わってしまうため、現地の人でもいつスコールが降ってくるか把握できていません。天気予報のアプリを使っても、雷雨と予報されていたのに雨は一切降らなかったり、逆に晴れで降水確率が0%なのに突然雨が降ってきたりすることもあります。

もし天気予報を参考にしたいという時は、フィリピン気象庁が運営するPAGASAというサイトをチェックしてみましょう。こちらでは1時間ごとに最新情報に更新されるだけでなく、雨雲レーダーなどもチェックできるようになっています。

セブ島に訪れるならいつ?

ここまでセブ島の天気についてご紹介してきましたが、結局いつ訪れるとあまり天気を気にせず旅行を満喫できるのでしょうか?

8〜11月は台風シーズンなので注意!

セブ島への旅行で一番注意しておきたいのが台風です。フィリピンの台風シーズンは8〜11月で、台風が直撃するとマリンスポーツなどが楽しめなくなってしまう恐れがあります。ただし、セブ島はフィリピンにある他のエリアに比べて直撃することが少ないと言われています。アクティビティが中止する可能性も沖縄に比べて低いので、台風が接近してきても諦めずにアクティビティを運営する会社や店舗へ問い合わせてみましょう。

12〜2月は天気が安定しやすいのでおすすめ!

セブ島を訪れる最適なシーズンは、12〜2月です。この時期は雨季も終わり、天気も安定しています。3月以降でも問題ありませんが、気温が高くなってくるので暑いのがそれほど得意ではないなら12〜2月を狙っていきましょう。

まとめ

今回は人気の南国リゾート・セブ島の天気についてご紹介してきました。熱帯気候に分類されるセブ島には乾季と雨季があり、雨季になるとスコールが降りやすい傾向にあります。なるべくスコールとぶつからないようにするなら乾季での旅行がおすすめです。また、8〜11月は台風が接近しやすい時期に入ります。セブ島に直撃する可能性は低いものの、なるべく台風シーズン以外に訪れると、天候に左右されずセブ島旅行を満喫できるでしょう。

最新情報をチェックしよう!
>フィリピンの魅力をしりたい人はこちら

フィリピンの魅力をしりたい人はこちら

フィリピンは、①アジアNO1の人口増加率②高いGDP成長率③公用語が英語④観光客数の継続的増加等、投資メリットがあります。 この資料はそんなフィリピンの魅力を余すことなく伝え、これからフィリピンに留学する方、不動産投資のお役に立つ資料に仕上げました。

CTR IMG