セブ島にも台風はくる?台風シーズンや注意点をご紹介

セブ島は台風の被害を受けることも多い場所なので、旅行先として検討している人の中には不安に感じてしまう人もいるでしょう。果たしてセブ島の台風の被害はどれほどのものなのでしょうか?また、観光にベストなシーズンはいつなのか知りたいと思っている人もいるはずです。今回は、台風シーズンや注意点について紹介していくので、セブ島への旅行を検討している人は、ぜひ目を通してみてください。

セブ島にも台風はくるの?

台風が多く発生する国と知られているフィリンピンですが、実はセブ島にはめったに台風で騒ぐことはありません。それもそのはずフィリピンで発生する台風のほとんどがセブ島よりも上のマニラやルソンを通過していくからです。台風が多いとはいえども、セブ島には通過しないとなれば旅行も安心してできるでしょう。しかしながらセブ島にも台風が上陸する可能性はゼロではありませんし、台風シーズンは9~12月と日本以上に長いので、万一起きるかも知れない台風による災害にも気を配る必要があります。

セブ島観光で台風にあった時の対応

以前セブ島の観光中に台風の被害にあった方はどうやってセブ島観光を楽しんだのでしょうか?ここからは、セブ島では滅多にない台風時でも楽しめるコツをご紹介していきます。

ホテルやショッピングを楽しむ

一番の魅力は透明度が高くきれいな海でリゾート気分を満喫することがセブ島の魅力だとされていますが、実はセブ島では海だけではなくリゾートホテル内の施設も充実している場所です。台風でも安心して入れる屋内プールに、施設内のスパやレストランなど、外では楽しめないものの安全な施設内で充実した時間を満喫できます。

そしてセブ島の魅力は海や施設が充実しているだけではなく、物価にも注目すべきです。物価は非常に安くスパの利用料に関しては日本の半額以下です。いくら買っても日本のようにすぐにお金が尽きることなくショッピングを思いっきり楽しめてしまいます。そして巨大なショッピングモールが多いのもセブ島の魅力の一つです。充実した買い物施設の多くが満喫できる旅にすること間違いなしでしょう。

交通機関への影響がある可能性も

セブ島観光の楽しむ人の中にはセブ島をベースに他の島へ移動する人も多くいます。しかしながら台風となるとそう簡単には移動することはできません。もの凄い降水量のため、市内を移動するといってもタクシーが捕まるどころか、そもそもタクシー会社が営業していないのです。車高の高いバスや、ジプニーと呼ばれる小型バスに関しては大雨であっても乗れるかもしれませんが、混雑が予想されるので無理に移動するのは避けるのがおすすめです。下手に動き、移動した先で運行状況が安定しないバスを待って1日無駄にしてしまったというケースもあるので、できる限り台風時は遠く離れた場所に行かないようにしましょう。特に帰国日の場合は大変な目に遭うでしょう。帰国する日をずらして再度航空券を購入するほか、宿泊延長といった問題にも直面します。

セブ島は季節によって楽しみ方が色々

台風で旅行が台無しに終わるリスクが低いものの、台風の影響を受けない屋内施設が多数あるセブ島。しかしながら実際に行くのであれば美しい海を目に収めたいと思うことでしょう。そう考えるといったいセブ島に行くのはいつがいいのでしょうか?セブ島旅行を楽しめるベストシーズンは3月~5月と言われていますが、実のところ、それ以外の時期でも楽しめるのはセブ島です。ここからは季節によって異なるセブ島の楽しみ方をご紹介していきます。

12月~2月(乾季)

セブ島の12月~2月は1年の中でも最も過ごしやすい時期だとされています。この時期は日本であれば厳しい寒さを感じるのですが、セブ島であると乾季にあたり最高気温は30℃ほど、最低気温は23℃程度に留まります。日中と夜間で寒暖差はあるものの、汗ばむ季節ではなく比較的快適に旅を満喫できます。肌寒い夜も羽織ものがあれば安心て過ごせて、年末に行けばクリスマスにお正月、フィリピン最大級のお祭り「シヌログ祭」といった賑やかムードも感じられます。

3月~5月(乾季)

セブ島旅行のベストシーズンとなる3月~5月は晴天率が元も高い時期とされています。気温は40℃近い暑さになることなく最高気温は30℃前後、そして最適気温は26℃といったように温度差が縮まるのです。そしてこの時期はアクティビティには絶好の時期となります。海のコンディションは非常に好調で透明度が高くなります。色はエメラルドグリーンに光り、青い空が南国感をより大きくしセブ島ならではの魅力的な景色を堪能できます。さらに5月になればジンベイザメの遊泳が見られるようになり、人気のジンベイザメツアーがたくさん出回り人も多く集まります。海を満喫するには最高の時期でしょう。

6月~8月(雨季)

セブ島の6月~8月は雨期に入ります。雨季といっても日本の梅雨とは違い、その期間中常に雨が降り続けている訳ではありません。スコールといった1~2時間の激しい雨でその後はずっと晴れていくような天気模様が多くなります。その時間だけ屋内で過ごし旅行中きれいな海がずっと見られない、入れないといったこともないので安心してください。

9月~11月(雨季)

セブ島の9月~11月の雨季は台風の発生リスクがある時期です。しかしながら台風の危険性があることでツアー料金が他の時期よりも安く、お得に旅行を楽しみたい人にはピッタリの時期となります。天気が良い日であれば海もきれいに見えますし、モールではバーゲンセールを開催するといったように、他の時期にも見劣りしない魅力もあります。

まとめ

穏やかな気候が売りのセブ島であっても台風によるリスクがあります。セブ島は台風にもし直面したとしても被害は小さい傾向にありますが、海外から来ている私たちにとっては飛行機が飛ばないといった問題があるため、決して無視できないことです。行く時期に迷ったらベストシーズンとなる3月~5月がおすすめです。ただその他の季節であっても魅力はありますし、台風の多い9月~11月であっても格安で旅行を楽しめるといった恩恵もあります。ぜひ自分に合ったベストなシーズンでセブ島旅行を楽しみましょう。

最新情報をチェックしよう!
>フィリピンの魅力をしりたい人はこちら

フィリピンの魅力をしりたい人はこちら

フィリピンは、①アジアNO1の人口増加率②高いGDP成長率③公用語が英語④観光客数の継続的増加等、投資メリットがあります。 この資料はそんなフィリピンの魅力を余すことなく伝え、これからフィリピンに留学する方、不動産投資のお役に立つ資料に仕上げました。

CTR IMG