海外不動産投資は物件選びが重要!信頼できる不動産会社の選び方

経済発展著しい新興国や、堅調な伸びを見せる先進国など、海外には魅力的な不動産投資先がたくさんあります。

しかし、注意しなければいけないこともあります。その中の1つが不動産会社の選定です。

今回は海外不動産投資を行う場合の不動産会社の選び方をご紹介します。

日本または現地の不動産会社で購入できる

投資目的で海外の不動産を購入する場合は、海外の物件を取り扱う日本国内の不動産会社から購入したり、現地の不動産会社から購入したりといった方法があります。

日本の不動産会社で買う場合

日本国内の不動産会社には海外物件を取り扱うところもあります。

そういった不動産会社は、現地の法律や税制、慣習などもよく理解しているかどうか、海外不動産投資に関するセミナーを開催しているところもあるので、一度参加してみるのもいいでしょう。

また、大半の不動産会社は海外のデベロッパーが建設する商品を販売する“販売代理”がほとんどです。購入した後のサポートなどの対応はどうか?しっかりと見極める必要があると考えられます。

現地の不動産会社で買う場合

語学に不自由しないのであれば現地の不動産会社から直接購入することも可能です。

なかには日本語で対応してくれるところもありますが、現地の法律や税制、慣習など十分な下調べが必要になるため、海外不動産投資を初めて行う場合は注意が必要です。現地で購入するのはある程度慣れてからトライすることをお勧めします。

海外不動産投資の不動産会社を探すポイント

現地に関する豊富な情報を持っている

地域によっては外国人が不動産を購入することに良い感情を持たない人もいます。現地の法律や税制だけでなく、慣習やルールなどをよく理解している会社を選びましょう。

資産価値に優れた物件を紹介してくれる

現地の情報に精通し、今価値のある物件だけでなく、これから価値が上がりそうな物件を紹介できるかどうかも判断基準になります。

ローンに関して詳しい知識がある

海外不動産の購入は日本国内でのローンが組めない場合もあります。

海外の金融機関でローンを組むとなると条件が大きく異なることもあるので、そういった知識を持っているかどうか確認が必要です。

購入から売却まで手掛けてくれる

投資目的の場合、物件の管理をし、売却まで済ませなければ目的達成となりません。相手を探し、こちら側により有利な条件で売却できるようフォローしてくれる不動産会社を選びましょう。

番外編 仲介会社ではなく、売主に直接問合せをする

海外不動産は仲介会社を経由して購入するケースがほとんどですが、中には日本企業が売主となり、直接販売しているケースもあります。

売主に直接アプローチ出来れば、無駄な仲介手数料を払わずに、お得に購入出来るほか、なぜその場所で開発する事になったのかなど歴史や売主の本来の目的・ビジョンなどを聞く事も出来るかもしれません。そうすれば、お得に正しい情報で不動産を購入する事が出来るでしょう。

まとめ

今回は海外不動産投資を行う場合の不動産会社の選び方をご紹介しました。

急速な発展を続ける東南アジアなどでは社会情勢の変化が激しく、情報収集能力の高さが物を言います。信頼できる不動産会社を選ぶことが、安定した海外不動産投資につながるといえるでしょう。

海外不動産投資を検討しているのであれば、今回紹介したポイントは忘れないようにしてください。

それがより利益を得られる投資につながります。

最新情報をチェックしよう!
>フィリピンの魅力をしりたい人はこちら

フィリピンの魅力をしりたい人はこちら

フィリピンは、①アジアNO1の人口増加率②高いGDP成長率③公用語が英語④観光客数の継続的増加等、投資メリットがあります。 この資料はそんなフィリピンの魅力を余すことなく伝え、これからフィリピンに留学する方、不動産投資のお役に立つ資料に仕上げました。

CTR IMG