海外不動産投資にはメリットが多い!どのような利点があるのか紹介

日本国内の少子高齢化に拍車がかっている現代では、国内から海外へ投資市場を変える投資家も少なくありません。今までは新興国への投資がメインでしたが、最近では東南アジアを中心とした市場の変化も見えています。今後海外不動産投資を始める場合、どのようなメリットが得られるのかをご紹介します。

東南アジアなど新興国における不動産投資のメリット

東南アジアなどを中心とした新興国で不動産投資を行った場合、どのようなメリットがあるのでしょうか?

キャピタルゲインが期待できる

不動産投資に欠かせないのが家賃収入となるインカムゲイン、不動産価値による売買差益のキャピタルゲインです。保有している物件の価値が高くなると得られますが、東南アジアなどの新興国は人口増加と経済成長の点から、キャピタルゲインが期待できる市場であると言えます。

利回りが高い

今後の経済成長や発展が期待できる国では、家賃収入と不動産売却益における利回りの上昇が期待できます。投資用として購入していた不動産は、賃貸としても不動産としても価値があり、高い利回りが得られるのは大きなメリットです。

物件を安く購入できる

まだ発展途上の段階では、土地など不動産に関しての価値が高騰しすぎていないため、日本に比べて安い価格で物件購入が可能です。経済成長が望める国であれば、物件が安いうちに購入しておくと大きなメリットとなるでしょう。また、ホテル運用を行う場合、無料の宿泊を付帯サービスとして提供している所もあります。無料の宿泊サービスは家族連れに人気なので、ホテル運用もおすすめです。

アメリカなど先進国における不動産投資のメリット

既に経済が安定傾向なアメリカなどの先進国の場合、不動産投資にはどのようなメリットがあるのでしょうか?

空室リスクや家賃滞納リスクが低い

経済成長だけでなく、人口増加も年間300万人近い先進国では、不動産市場の安定性があるため、空室リスクや家賃滞納リスクが少ないのがメリットです。そのため経済成長と共に住宅価格も上昇し、空室率も低くなっています。

インカムゲインが安定的に得られる

先進国では人口増加が常に起こっているため、住宅の需要が増加傾向にあります。国民の所得や物価は上昇傾向にあり、家賃収入による収益は安定しています。

高い節税効果が得られる

海外不動産投資では、減価償却の活用で高い節税効果が得られるのがメリットです。不動産所有によって、管理や所有に関して必要となる費用が多くあります。しかし、建物の減価償却費を不動産所得から引くことが可能であり、他の給与所得と損益通算もできるため節税効果が高くなります。

まとめ

低リスク、高コストと呼ばれる海外不動産投資は、メリットが多く節税効果も期待できます。住宅の需要の高い地域での投資は、土地の価値が上昇傾向です。海外不動産投資を検討している場合は、この機会にチャレンジしてみましょう。

最新情報をチェックしよう!
>フィリピンの魅力をしりたい人はこちら

フィリピンの魅力をしりたい人はこちら

フィリピンは、①アジアNO1の人口増加率②高いGDP成長率③公用語が英語④観光客数の継続的増加等、投資メリットがあります。 この資料はそんなフィリピンの魅力を余すことなく伝え、これからフィリピンに留学する方、不動産投資のお役に立つ資料に仕上げました。

CTR IMG