海外不動産投資でよくあるトラブルとは?トラブルを回避するポイント

日本国内の不動産投資でもトラブルは発生します。しかし、海外不動産投資ではそのリスクがさらに高まるのです。今回は、海外不動産投資で多いトラブルやそれを回避するポイントについてご紹介しましょう。

海外不動産投資で多いトラブルとは?

海外不動産投資を検討しているのであれば、どのようなトラブルが多いのか把握しておく必要があります。では最初に、特に多く見られるトラブルについてみていきます。

投資用物件の購入に関するトラブル

海外不動産投資を始める時に、現地の投資会社やエージェントからのサポートを受けるケースは非常に多いです。しかし、どのような会社か、どのようなエージェントかといったことを良く調べておかないと騙されてしまう可能性があります。特に、「プレビルドのコンドミニアムを安く購入できる」、「これから値上がりが期待できるエリアのコンドミニアムを売却しようと考えている人がいる」といった甘い言葉は過信しすぎないようにしましょう。

投資用不動産の売却に関するトラブル

海外不動産投資では、売却のタイミングを誤ってしまう、物件が売れないといったトラブルもあります。また、海外送金の規制もトラブルの元になりかねません。投資先の国ではどの時期が売却に向いているかを把握したり、エージェントに依頼して売却できる方法を探したりしましょう。海外送金の規制に関しては、投資前から調べることができるので情報収集しておきましょう。

トラブルを回避して不動産投資をするには

海外不動産投資でトラブルを回避するためには、いくつか押さえておきたいポイントがあります。では、どのようなポイントを押さえておくべきなのか見ていきましょう。

信頼できる不動産投資会社を探すこと

不動産投資で成功するためには、信頼できる不動産会社を探すことがとても重要なポイントになります。国内不動産投資でもそうですが、海外不動産投資であればより信頼できる不動産会社を探す必要性が高まります。物件購入後もきちんとフォローしてくれる会社を選ぶようにしましょう。

リスクや客観的なデータ・根拠を確認する

海外不動産投資には国内不動産投資とは違うリスクもあります。また、都市計画に過度な期待を持つことも失敗するリスクを高めてしまいます。海外不動産投資でトラブルに合わないためには、どのようなリスクが考えられるか、都市計画などに関する客観的なデータや根拠があるのかといったことを確認するようにしましょう。日本の公的機関が発表している情報などもありますので、まずは調べてみましょう。

海外不動産投資の知識を身に付けることも大事

海外不動産投資に関する知識を身に付けることも、トラブルの回避につながります。不動産会社などが開催しているセミナーに参加するなど知識を身に付けるための努力を怠らなければ、リスクやトラブルを回避できるようになり、成功できる可能性が高まるのです。

まとめ

海外不動産投資は、国内不動産投資と比べるとトラブルに遭う可能性が高い投資だと言えます。しかし、どのようなトラブルが多いのか把握してきちんと対策を立てたり、投資する前からトラブルを回避するための方法を取り入れていたりする場合は、大きなトラブルに遭うリスクを軽減できるでしょう。そのためにも、今回紹介したポイントを覚えておくことをおすすめします。

最新情報をチェックしよう!
>フィリピンの魅力をしりたい人はこちら

フィリピンの魅力をしりたい人はこちら

フィリピンは、①アジアNO1の人口増加率②高いGDP成長率③公用語が英語④観光客数の継続的増加等、投資メリットがあります。 この資料はそんなフィリピンの魅力を余すことなく伝え、これからフィリピンに留学する方、不動産投資のお役に立つ資料に仕上げました。

CTR IMG