海外不動産投資のデメリットや注意点は?成功するために押さえておきたいポイント

最近注目されている海外不動産投資は、為替差益など今後の収益性が期待できることから市場を海外に移す投資家が増えています。今後の経済成長も期待できるため、東南アジアなどの海外不動産投資が注目されています。

しかし、海外不動産投資にはメリットだけでなく、デメリットもあります。

今回はデメリットに関して紹介していきます。

海外不動産投資において特に気を付けたい点

海外不動産投資において、特に気を付けたい点はどこでしょうか?

カントリーリスクによる価格下落に注意

海外不動産投資において、気を付けたいのはカントリーリスクです。海外と日本では法律や税金などの規制の条件が異なるだけでなく、特にアジアの新興国では急に法律や税金の制度が変更になる場合もあります。

そのため、経済や法律などで条件や状態が変わってしまった場合、不動産の価値が急激に変わってしまう可能性も高いので注意が必要です。

為替リスクがあるので変動には常に着目する

日本円と外貨では常にレートが変動しています。

外貨のレートが下がってしまえば、資産価値が減少する恐れがあります。不動産の売却益や家賃収入などは投資先の地域の通貨で支払われますが、通貨の価値の変動によって、日本円にした時に価値が下がってしまう可能性もあるでしょう。反対に外貨のレートが上がればメリットとなりますが、為替リスクはどちらにも変わる不安定なものだということです。

金利が高く融資がつかない面も

海外の不動産を購入する場合、数百万円以下なら現金で購入する投資家もいます。数千万円単位になると現地の金融機関から融資を得る人もいますが、海外の金融機関は日本以上に金利が高く、返済額が大きくなってしまうデメリットがあります。また、融資してくれる金融機関も少なく、金利以外にも条件の悪さを感じるケースもあるでしょう。

信用できる会社探しや現地の綿密な情報集めがポイント

日本と違って、海外不動産投資では現地の情報をどれだけ持っているかが重要なポイントです。また、日本の常識的な部分も通用しないため、日本では当たり前の部分も海外では当たり前ではないということを覚えておきましょう。

海外で信用できる不動産会社を探し、しっかりと現地の情報を集めなければ海外不動産投資そのものが失敗してしまう可能性もあります。

海外不動産にはデメリットよりもメリットが多い

海外不動産ではデメリットが目立ちやすいのですが、実はメリットはデメリット以上にあると言われています。

その中でも通貨分散は多くのメリットが得られる方法です。

通貨分散によって投資の成功率を上げる

通貨分散は同じ通貨でなく、複数の通貨で投資を行う方法です。同じ通貨で投資した場合、通貨の暴落が大きなインフレとなってしまいます。

しかし通貨分散することで通貨の暴落時でも資産を全て失うことがなく、リスクの分散にも効果的でしょう。

まとめ

海外不動産投資では、日本では当たり前だと思っていたことが通じない場合も多く、デメリットに感じる部分もあります。

しかし成功するためにはデメリットの部分を知り、対策を取ると良いでしょう。

また現地の情報収集を徹底すると成功しやすいので、綿密な情報収集をしてから海外不動産投資を行いましょう。

最新情報をチェックしよう!
>フィリピンの魅力をしりたい人はこちら

フィリピンの魅力をしりたい人はこちら

フィリピンは、①アジアNO1の人口増加率②高いGDP成長率③公用語が英語④観光客数の継続的増加等、投資メリットがあります。 この資料はそんなフィリピンの魅力を余すことなく伝え、これからフィリピンに留学する方、不動産投資のお役に立つ資料に仕上げました。

CTR IMG