セブ島への旅費は?相場やお得な時期をチェック!

フィリピンにあるセブ島は、日本からのアクセスも良く人気の旅行先の1つです。セブ島へ旅行に行く際に、旅費はどのくらいかかるのか気になる方も多いのではないでしょうか?今回は、セブ島への旅費の相場やお得な時期、旅費を抑えるためのポイントなどを解説していきます。セブ島への旅行を考えている方はチェックしてみてください。

セブ島の旅費相場

セブ島への旅行で主にかかる旅費の相場をご紹介しましょう。

航空券

海外旅行でまず費用が気になるのは、航空券でしょう。セブ島への航空券は、どの航空会社を利用するか、直行便か経由便か、またハイシーズンかどうかなどによっても大きく変わってきます。様々な要素を総合した航空券の相場は、およそ5〜10万円程度です。

宿泊費

宿泊費も、どのような宿泊施設に泊まるかによってかなり変動があります。相場としては1泊5,000〜1万円程度です。高級ホテルを選べば、3〜8万円と相場よりかなり高い値段になります。

交通費

セブ島をはじめとしたフィリピン市内では、ほとんどがタクシーでの移動になります。日本と比べてタクシー代の相場は安く、1日の移動で1,000〜2,000円程度の予算を用意すれば良いでしょう。セブ島で利用できるタクシーは、イエロータクシーとレギュラータクシーの2種類があります。レギュラータクシーはイエロータクシーよりも料金がかなり安いですが、国から認可を受けていないので旅行者が利用するとぼったくりに遭う危険性もあります。特に始めてセブ島へ訪れる人は、イエロータクシーを利用すると良いでしょう。

食費やレジャー代

フィリピンは基本的に物価が安く、値段をあまり気にしなくても食費はあまり高額にはなりません。セブ島内の飲食店を利用するとしても、毎食500〜1,000円程度が相場になります。セブ島でぜひ体験したいマリンアクティビティなどのレジャー代の相場は以下の通りです。

  • ダイビング…10,000〜15,000円
  • ジェットスキー…20.000〜25,000円
  • パラセーリング…10,000円
  • ジンベエザメウォッチング…20,000〜25,000円

セブ島で体験できるマリンアクティビティは様々あるので、旅費の予算に合わせて参加したいものを選ぶのもおすすめです。

旅費を安くするポイント

セブ島へ旅行する際の旅費を安くするポイントについて、いくつか見ていきましょう。

飛行機はLCCを利用する

旅費の割合でも多くを占める航空券を、できるだけ安く済ませたいという人もいるでしょう。その場合は、日本航空やフィリピン航空ではなく、LCC(格安航空)を利用するのがおすすめです。LCCは最低限のサービス提供に抑えられている代わりに、航空券の料金が安いという特徴があります。日本からセブ島まで行けるLCCは、バニラエアやジェットスター、セブパシフィック航空、エアプサンなどが挙げられます。ただし、直行便は少なく、多くがマニラや韓国などを経由する乗り継ぎ便なので注意しましょう。また、機内に預ける荷物は別料金になっているケースも多いため、荷物が多い人は覚えておく必要があります。

格安ホテルを活用する

セブ島での宿泊費を抑えたいという人は、格安のホステルを利用するのも1つの手です。高級ホテルなどは日本とあまり変わらないくらいの相場ですが、安いホステルを探せば1泊1,000円以内で泊まれるところもあります。ただし、大人数の共同部屋だったり、最低限の寝床しかなかったりするので、個室で寛ぎたい方にはおすすめできません。

ベストシーズンを避けて行く

セブ島では2月中旬〜5月中旬がベストシーズンですが、この時期は航空券や宿泊施設の料金が相場より高くなります。旅費を抑えたい人は、あえて人気のベストシーズンを避けて行くのも良いでしょう。ベストシーズンに行きたいという人は、土日祝日を避けるのもおすすめです。

旅費を抑える際の注意点

セブ島で旅費を抑えるために知っておきたい注意点をご紹介します。

クレジットカードは使えないところも多い

セブ島内では、クレジットカードが使えない店が多く、普段クレジットカードを主に利用している人はカルチャーギャップに驚くかもしれません。クレジットカードでポイントを貯めるなどお得な買い物もできない場合がほとんどなので、覚えておきましょう。現金を両替し忘れないように気を付ける必要があります。

レンタルWi-Fiを利用すると良い

セブ島では日本のインターネットはつながらないので、レンタルWi-Fiを利用する必要があります。日本国内でポケットWi-Fiをレンタルすると、3〜4日間で5,000円程度の料金がかかります。しかし、セブ島に着いてから空港のロビーなどで現地のSIMカードを購入すると、およそ500〜700円程度に通信費が抑えられます。現地スタッフがSIMカードの入れ替えなども行ってくれるので、通信費を抑えたい人はSIMフリーのスマホを持って行くと良いでしょう。

まとめ

今回はセブ島への旅費の相場やお得に旅行するポイントなどについてご紹介しました。セブ島は物価が安いため、旅費を抑えやすいポイントが多くあります。旅行の際は、お金をかけたい部分と節約したい部分を分けて計画を立てると良いでしょう。

最新情報をチェックしよう!
>フィリピンの魅力をしりたい人はこちら

フィリピンの魅力をしりたい人はこちら

フィリピンは、①アジアNO1の人口増加率②高いGDP成長率③公用語が英語④観光客数の継続的増加等、投資メリットがあります。 この資料はそんなフィリピンの魅力を余すことなく伝え、これからフィリピンに留学する方、不動産投資のお役に立つ資料に仕上げました。

CTR IMG