ベトナム株を買うなら!投資信託から始めよう

投資の対象国として人気が高いのが新興国でもあるベトナムです。新興国とは、現在も大きく経済が成長し続けている国を差します。新興国への投資はリスクが高いと聞くし、何より法律や決まりがよくわからないと躊躇している方も少なくないのではないでしょうか。それでも新興国の成長具合は興味深いものがあるでしょう。今回は、今後の経済成長も期待されている国の一つ、ベトナムの投資信託について紹介します。

ベトナムは成長著しい新興国

東南アジアに位置しているベトナムは一年中熱い気候下にあり、コーヒー豆やコショウ、サトウキビの生産が盛んですが、中でもベトナムのお米は多くのベトナム料理に使われており、世界中で人気があります。また、ベトナムは観光業も盛んで近年目覚ましい経済成長を遂げています。そんなベトナムの市場は投資の利益が非常に大きくなることがあるため、とても人気があります。

ベトナム株の情報はどうやって集める?

日本株やアメリカ株に比べて、ベトナム株の情報は少ないです。調べてもなかなか出てこないことも多く、出てきたとしてもベトナム語がわからないということもあるでしょう。そのため、難しく感じてしまうかもしれないベトナム株ですが、情報を集めるための方法を紹介します。

証券会社から

ごくわずかではありますが、ベトナム株や株式相場について情報を発信している証券会社があります。ベトナム指数についての情報や、注目の業界の市場や今後の見通しなど、株式に影響を与えそうな情報を紹介してくれているので、こまめにチェックするのも良いでしょう。

投資家から

ベトナム株に投資している投資家がブログで情報発信しているケースもあります。銘柄の選び方や買った理由などを載せている場合もあるので、選ぶ際の参考になるでしょう。また、現地で生活している方が発信しているブログでは、現地でないとなかなか知ることができない新鮮な情報を得ることができます。経済や投資だけでなく、メジャーなニュースやローカルな話題まで多くの情報を知ることができるため、ベトナム市場を知る手助けになります。

ベトナム株はどうやったら買える?

高リターンが期待できるベトナム株を買うには以下の3つの買い方があります。一つ目は日本の証券会社から買う方法、二つ目がベトナムの証券会社を通して買う方法、そして最後にベトナム株が含まれている投資信託を買う方法です。これらの買い方にはメリットはもちろんデメリットもありますので、詳しく解説していきます。

ベトナムの証券会社で買う

ベトナム株ですから、ベトナムの証券会社から買うこともできますが、実はあまりおすすめの方法ではありません。もちろんメリットもあり、日本の証券会社より手数料が大幅に安く、ベトナムドンで取引するので為替変動の影響を受けません。しかし複雑な手続きが必要であり、代行サービスを利用するにしても高額になることがあるのです。また、日本語が通じない場合も多く、口座開設にも時間がかかってしまうなどデメリットも多くあります。正確な情報が得にくい点は株取引をするには大きなリスクのため、初めての方にはあまりおすすめできません。

日本の証券会社で買う

日本でベトナム株を取引きするならば、ベトナムの証券会社から買うよりも日本の証券会社から買うほうがおすすめです。新しい情報を常に配信してくれますし、口座開設も早く、何より手続きを日本語でやり取りできます。しかし、手数料が割高であり、為替レートの変動によって影響を受けることもあるので、注意が必要です。また日本でベトナム株を取り扱っている証券会社はごくわずかであり、一部の証券会社でしか買えないため、最初によく確認しておく必要があります。

ベトナム株が含まれた投資信託を買う

「ベトナム株の選び方が不安だ」「リスクを避けるためにも複数に分けて取引したいが資金に不安がある」という方は、ベトナム株が含まれている投資信託から始めるのも良いでしょう。投資信託は面倒な手続きがいらないうえに、全ての取引を日本語で行うことができます。また、日本円で取引できるので現金化も簡単です。ベトナム株ファンドは他のファンドよりも販売手数料や信託報酬が高めに設定されていることも多く、自分でベトナム株を投資先として選べない場合もあります。しかし中にはベトナム一か国に投資できる投資信託もあるので、手軽にベトナム株を買いたいという方におすすめです。

まとめ

現在も成長を続けているベトナムは投資先としてとても魅力的な国です。しかし、まだまだ一時的に株価が下がる可能性もあるため、常に気を配る必要があります。またベトナム株の情報は集めにくいうえ、見つけられたとしてもベトナム語がわかないため苦労することも多いでしょう。投資を行ううえで重要な情報を取得しづらいというのは、とてもリスクが高いことです。そのため、ベトナム市場に興味のある方は、手始めに投資信託から始めてみてはいかがでしょうか。

最新情報をチェックしよう!
>フィリピンの魅力をしりたい人はこちら

フィリピンの魅力をしりたい人はこちら

フィリピンは、①アジアNO1の人口増加率②高いGDP成長率③公用語が英語④観光客数の継続的増加等、投資メリットがあります。 この資料はそんなフィリピンの魅力を余すことなく伝え、これからフィリピンに留学する方、不動産投資のお役に立つ資料に仕上げました。

CTR IMG